So-net無料ブログ作成
コンサルタント ブログトップ

天国を想像する時 [コンサルタント]

 写真は昨夏、家内の実家≪山形県鶴岡市≫の上池が、蓮の花で一杯になった様子です。

食用のための蓮池ですが、あまりの美しさに、地上の楽園となった所です。

http://www.tsuruokakanko.com/tsuruoka/map/map4.html

さて、 私にも柄にもなく、悲しみに心が沈む時があります。

コンサルタントをしていると、経営者の悩みの聞き役になることが多くあります。

今夜のクライアントは、80歳を過ぎた会長さん。

頼みの息子が、38歳で突然、亡くなりました。

まだほんの1カ月前のことです。

急に衰えたように見える、この方にとって、月に数回お会いする私は、

愚痴をこぼすのに、最適なのかもしれません。

息子さんは支店長としての毎日の激務から、深夜帰宅を重ねたあげくに、

『耳の上で「プチン」と音がして、頭痛がひどい』と、珍しく10時ころ<これでもかなり早いらしい>

帰宅したそうです。

そして、その時がやってきました。

夜中に運び込まれた救急病院で、本当にあっけなく、ポロリとあの世に、行ってしまわれたそうです。

私には、お声を掛けるべき言葉が、ありませんでした。

ただ、お側にいて、時々相槌を打ちながら、一緒に涙を流すことしか、できませんでした。

「逆縁」は辛い、そのように多くの方が漏らしておられます。

目の前でそんな方の、ため息を思い切り吸い込んできました。

救いになることは、ただ一つ。

過労死だから、何とかして恨みを晴らしたい、そう言って握り拳を濡らす、怒りの力です。

時に、人は、相手を憎むエネルギーだけで、生き続けることも、できるのですね。

事実は、真実は、、、やがて白日の元へと引き出され、司法の審判を受けるのでしょうが、

亡くなられた38歳の人生は、けして元には戻りません。

過労死110番があります。 http://karoshi.jp/

働きすぎて死んでは、元も子もありません。

遊びすぎて死んだ人を、私は知りません。

バイクは危険な乗り物です。

その危険を克服した向こう側には、ストレス解消、心地よい疲れ、仲間との談笑、安らかな眠りが待っています。

それらの癒し効果は、きっと人生にとって、若さを保つ秘訣なのでしょうね。

現役のライダーは、歳よりも若く見える人が多いのは、そのせいかもしれません。

PS:僕はいつも、実際より若く見えるようです。 (*^_^*)

 


コンサルタント ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。